why montessori? why now?

 

あなたが選んだコンテンツを無料でプレゼント♪

英国ジョージ王子も実践中★ 
オバマ大統領やグーグル創始者を育てた<環境の秘密> 

自宅でできる3歳までのモンテッソーリ教育

スマホやパソコンで今すぐ読めるコンテンツを無料でダウンロードしていただけます。シリーズコラム「自宅でできる “3歳までの”モンテッソーリ教育」vol.1〜vol.5よりお好きなコンテンツを1つお選びください。


■ Vol.1
イヤイヤ期(=子どもが最も伸びる時期)のストレスは最小限にできる! 『イヤイヤ期を親子でハッピーに過ごす秘訣』 ■ vol.2 ちょっとしたことで違いは歴然! 『大人の取るべき態度がすべて〜今までの常識の逆をやる勇気〜』 ■ vol.3 3歳までのモンテッソーリ教育のポイントは「心と脳」 『子どもの自尊心と脳の発達〜決して“子ども扱い”をしない理由〜』 ■ vol.4 実録:モンテッソーリ・チャイルドはこうして育つ! 『本場のモンテッソーリ園でありえること・ありえないこと』 ■ vol.5 少しの工夫や100均の裏わざでここまで可能 『自宅でモンテッソーリの環境づくり〜年齢別に用意しておきたいもの〜』
▼こちらにご入力の上、お申込いただけます。ご希望のコラム番号をよくご確認ください。

無料ダウンロード お申込フォーム
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *
都道府県  *
ご希望のコラム番号  * VOL.1    VOL.2    VOL.3    VOL.4    VOL.5   

 


2459864 100年以上続いてきたのには理由があった!
 子どもの“自然に発達する力”に最大限によりそう教育


  マリア モンテッソーリ 生誕142周年


Amazon
の創始者、ジェフ・ベゾス。
Wikipediaの創始者、ジミー・ウェーズ。
Googleの共同創始者、セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ。

世界に偉大なる新しい価値を生み出した 彼らに共通しているのは、「モンテッソーリ教育」を 受けて育ったということです。

モンテッソーリ教育とは、1900年代初頭、 イタリア初の女性医師であるマリア・モンテッソーリに よって確立された教育法です。 その後、欧米に広まり、アメリカでは富裕層を中心に圧倒的な知名度があります。 また、オランダでは公共教育として モンテッソーリ教育が採用されているほど定着しています。

モンテッソーリ教育は「教育学」ではなく、 「人類学」であると言われてます。 マリア・モンテッソーリは、20年以上に渡り、 イタリアやインドを始めとする 世界各国の子どもたちを「観察」し続けました。

子どもが過ごす環境にさまざまな道具を用意し、 子どもがその道具たちでどのように遊ぶのかを 見極め続けた結果、 モンテッソーリ教育ならではの 「子どもの発達する底力を最もサポートできる環境」 が生まれたのです。

そこにはもちろん、道具や家具などの 「物的環境」だけでなく、 「子どもに関わる大人の態度」という意味での 「人的環境」も含まれます。この発想は世界各国で取り入れられ、国際モンテッソーリ協会(AMI)を中心に様々な改善が続けられ、現代のモンテッソーリ教育として体系化されています。

モンテッソーリの環境で育った子どもたちには、 「やりたいことを選び、課題を見極め、 それをどのように達成するか自分で考える」 という思考回路が自然と備わると言われています。

 


2459864 日本の一般的な教育との最大の違い


日本においてもまた、1980年代ごろより、 幼稚園や保育園などでモンテッソーリ教育を取り入れる 幼稚園や保育園が徐々に増えて行きました。 

モンテッソーリ教育を正しく取り入れている園では、 それぞれの子どもが毎朝、「そのとき、やりたい活動」を 自分で選んで行います。

一方、通常の幼稚園や保育園での活動では、 予め決められたこと(歌やお絵描きなど)を みんなで一緒にやるものです。 (「一斉教育」と呼ばれたりします)

モンテッソーリ教育のメリットはたくさんありますが、 特にこの「自分の活動を自分で選ぶ」ことの繰り返しは、 脳の発達を促進し、子どもの自立を促すための 最大のポイントとなります。

 


2459864 子どもがある動きに「はまる」こと、ありませんか?


成長の過程における子どもには 「発達のステージ」と「敏感期」 というものが存在します。例えば、子どもがシュガーポットの砂糖を スプーンですくって紅茶のカップにと落とす、 という一連の動作を何度も繰り返したがるのを 見たことはありませんか?

大人からは、ただやみくもに遊んでいるように しか見えませんが、実はその子には「スプーンで何かをすくう」 という指先の発達のステージにあり、 敏感期が訪れているためその動作に「はまって」 何度もやろうとするのです。

ここで、大人がそれをたっぷりやらせてあげられたらいいのですが、 日常ではつい「もうしなくていいの」などと言って、 子どもの手からスプーンは取り上げられてしまうものです。

モンテッソーリ園において、訓練された教師は、 子どもが選ぶ道具から敏感期を察して、 その子がそのときに「はまっている動作」を 様々なバリエーションで何度も繰り返せる機会を提供します。

やりたいこと(脳が回路をつなげたがっている部分)をやりたいときに思う存分 やらせてもらえるので、その子はその動作を 最も効率よく習得することになります。

そうすることでやがて、次の発達のステージへと 自然と興味のままに移ることができるのです。  

 


2459864 モンテッソーリ教育で“おしごと”と呼ばれるものとは?


モンテッソーリ園のお部屋には、「おしごと(works)」と呼ばれる活動の「道具」が秩序正しく並んでいます。

0〜2歳におけるボタンの付け外し、紐結び、 のり貼りといったものから、3~6歳では数、図形、文字、世界地図、音、色、香りなどを通して興味と学びを深める教具が、発達のステージに沿うように用意されています。

「教具」というと、お受験やお教室などのイメージと 結びついてしまうかもしれません。 しかし、モンテッソーリ教育は決して 「英才教育」ではありません(ここは、残念ながら日本では勘違いされていることが多いかと思います)。

0,1,2歳の時期に特に重要視されている「おしごと」として、「日常生活の練習」という分野があるのです。

人間は二本足で歩けるようになると、すでに 日常生活を執り行う能力を発揮し始めます。 「日常生活」とは、自分の身の回りのケア、 周りの環境のケア、コミュニティの一員として気持ちよく過ごすための振る舞いなどを指します。

ところが、通常はご家庭や園において、1歳児に対してそのような日常生活の活動を する機会は少ないのではないでしょうか。

 


2459864 3歳未満においてモンテッソーリ教育が最も大切にしていること


モンテッソーリ園の1、2歳児クラスにおいては、 1歳半前後の子どもが花の水やり、フラワーアレンジメント、 パン作り、スクイージーでガラスを磨く、靴を磨く、 などといった日常生活の活動の中からやりたいものを自分で選び、 毎日好きなだけ繰り返すことができます。 

使う道具はすべて、小さな子どもサイズで セットにしたものが揃えてあります。 そのような日常の活動こそが、指先や身体を 動かす脳の回路をどんどんつなげてくれるのです。

何より、子どもたちはそのような日常生活の活動が大好きです。 そして日常生活の活動を思う存分繰り返すことで、 子どもは本来の落ち着いた、見違えるほどの輝きを取り戻していきます。  

 


2459864 こんなに子どもの役に立つ教育なのに、なぜ知られていない?


ここまでお読みになり、 「モンテッソーリ園に通う子はあれもこれも やっているのに、うちの子には何もやらせていない!」 という焦りを感じられたかもしれません。

しかし、焦る必要はまったくありません。

実は、日本ではまだ3歳未満の環境を充実させている 「本物の」モンテッソーリ園はほとんど存在しないのです。 子どもにとってこれほど有益なものであるにもかかわらず、大変残念なことに、プレス活動や教師の育成も充分間に合っていないのが現状です。 

つまり、3歳未満(Under3)のモンテッソーリ教育の情報は、 2016年現在、日本ではほとんど知られていない 稀少なものであるとも言えます。 そんな情報にこうして今、出会ってくださったことは何かのご縁かもしれません。  

 


2459864 次のような方にこそ、喜んで受け取っていただけるはずです


▼3歳までの子どもの心・身体・脳の発達にとって良質な「環境づくり」について知りたい
▼「子ども本来の力を伸ばす」ために本当に役に立つ具体的かつ実践的な方法を知りたい
家庭ですぐに始められるモンテッソーリ教育のコツについて知りたい
▼“イヤイヤ期”や“声かけ”など、3歳未満ならではの育児の悩みを解消したい
▼子どもとの日々の“無駄な格闘”によるエネルギーの浪費をなくしたい
▼モンテッソーリ園にお子さんを通わせたくてもお近くにない
▼モンテッソーリについてネット上などに様々な情報があるが、オフィシャルに伝えられている本物の情報が知りたい
▼「モンテッソーリ教育、しかも3歳まで」という響きにシンプルにときめく
▼お子さんを見て「この子、もしかしてもっと色んなことができるのかも?」と思ったことがあるが、どのように道具や環境を用意したらいいかわからない
▼「誰かがこうしたらこうなった」という根拠の無いブログ情報などではなく、脳科学、心理学、精神分析学など、科学的根拠に基づいた子育て情報を求めている
『クーヨン』のモンテッソーリムックや『おうちでできるモンテッソーリ』を何度も読み返している

 

子どもが持って生まれた発達・成長する力(「エレメント」)を 自由に伸ばすチャンスを、大人も一緒に楽しみたい! そんな方はぜひ、モンテッソーリ教育のことをもっと知って、 お子様とのかけがえのない毎日を輝かせてくださいね。    

 


あなたが選んだコンテンツを無料でプレゼント♪

英国ジョージ王子も実践中★ 
オバマ大統領やグーグル創始者を育てた<環境の秘密>

自宅でできる3歳までのモンテッソーリ教育


スマホやパソコンで今すぐ読めるコンテンツを無料でダウンロードしていただけます。シリーズコラム
「自宅でできる“3歳までの”モンテッソーリ」VOL.1〜VOL.5よりお好きなコンテンツをどれか1つをお選びください▼

 ■ VOL.1

イヤイヤ期(=子どもが最も伸びる時期)のストレスは最小限にできる! 
『イヤイヤ期を親子でハッピーに過ごす秘訣』 1.イヤイヤ期への「モンテッソーリ的対処法」決定版
2.モンテッソーリ園におけるイヤイヤ2歳児への神対応
3.イヤイヤ期をハッピーに過ごせる「魔法の声かけ」
■ VOL.2

ちょっとしたことで違いは歴然! 
『大人の取るべき態度がすべて〜今までの常識の逆をやる勇気〜』

1.「おうちでモンテッソーリ」に対する大きな誤解

2.モンテッソーリ的「褒めない育児」どう声をかける?どんな子に育つ?
3.「うちの子は脳に問題がある」と信じていた母親のあっけない気づき
■ VOL.3

3歳までのモンテッソーリ教育のポイントは 「心と脳」 
『子どもの自尊心と脳の発達〜決して“子ども扱い”をしない理由〜』

1.赤ちゃんに必要な「2本の足」
2.0歳児を保育園に預けるときに避けた方がいいタイミング
3.赤ちゃんが人見知りしなくなる方法
■ VOL.4

実録:モンテッソーリ・チャイルドはこうして育つ! 
『本場のモンテッソーリ園でありえること・ありえないこと』  

1.恐竜が好きなルークの場合  

2.教室に“足りないもの”を発見したケヴィンの場合
 ■ VOL.5 

少しの工夫や100均の裏わざでここまで可能 
『自宅でモンテッソーリの環境づくり〜年齢別に用意しておきたいもの〜』

1.え?!たったこれだけでモンテッソーリになるの?(0歳児向け)

2.右脳と左脳を刺激するおすすめの100均アイテム(0歳児向け)
3.モンテッソーリ園の「神クラス」の技をご自宅で(1~2歳児向け)
4.ありそうでなかなか売っていないモンテッソーリなスタイ(0~1歳児向け)
▼複数のコンテンツに興味を持っていただけた場合も、まずはいずれか1つのコンテンツをお試しでお読みください。他のコンテンツは有料(セット販売価格¥3,500)となります。入手方法は、無料ダウンロードしていただいた方にだけ、改めてご連絡させていただきます。
▼こちらにご入力の上、お申込いただけます。ご希望のコラム番号をよくご確認ください。

無料ダウンロード お申込フォーム
お名前(姓)  *
お名前(名)  *
メールアドレス  *
都道府県  *
ご希望のコラム番号  * VOL.1    VOL.2    VOL.3    VOL.4    VOL.5